タウンワークで地域密着の広告を
2016.05.26

subimg03社会人であればそれなりに仕事をしているので、新たに仕事を見つけようとすることはあまりないかもしれません。一方、大学生の場合、アルバイトをしている人もいれば、していない人もいます。していない人なら新たなに仕事を探したいと考えている人も多いでしょう。既にアルバイトをしている人も、今よりももっといい仕事がないか探している人がいます。給料が高いところであったり、自宅から近いところなど条件が良い場合があるかもしれません。一般的な求人誌は有料で売られているので、気軽に購入することができません。今仕事を探している人などが中心になるので、利用者のすそ野はすこし小さくなります。多くの人にすそ野を広げることで、利用者を増やすことができるでしょう。求人を出したい企業もより利用したいと考えるかもしれません。<br/ ><br/ >タウンワークと呼ばれる求人用の雑誌があります。書店で購入するのではなく、駅であったり、いろいろなパンフレット、フリーペーパーの置かれているところにあります。こちらを運営しているのは、大手情報サービス会社です。その会社は、有料の求人誌も発行しています。それとは別に、フリーペーパーとして提供してくれています。情報量は有料のものよりも少なくなりますが、地域密着の広告を中心に掲載されています。駅に置かれるときには、その駅が属する市内であったり、地域を中心にした情報構成になっています。どんな効果があるかといえば、誰でも気軽に見ることができることです。仕事を探している人、今すでに仕事をしているが、転職を考えている人、転職など一切考えていないが、参考程度に情報を見たい人などがいます。<br/ ><br/ >転職をしたり別の仕事のことを考えるのは、何かのきっかけが必要になります。全く関係のない地域の情報誌だと興味もわきませんが、よく知っている地域のお店や会社の情報が掲載されています。ですから、簡単に仕事を探すことができます。そのために成約することも多くなります。一般の情報誌でも写真などが掲載されますが、あまり多くのページで掲載されるわけではありません。この雑誌の場合、比較的カラーが多くなります。お店の様子などは、モノクロよりもカラーの方がわかりやすいです。より知ってもらいやすくなって、応募もしてもらいやすくなります。フリーペーパーとしての情報提供が一般的ですが、インターネットからも情報が検索できるようになっています。パソコンだけでなくスマートフォンでいつでも見ることができます。

▲ ページトップへ