タウンワーク掲載している企業の特徴
2016.05.26

subimg04会社であったりお店は、都市部の他、住宅が多いところ、地方など様々なところにあります。都市部の場合は、オフィスなどを構える会社などが多くなります。住宅が多いところになると、それらの会社はかなり少なくなります。一方、住宅の多いところであれば、人々の生活に密着したお店などが多くなります。スーパーであったり、飲食店などが多くなることがあります。オフィスで働く人としては、正社員が多くなるでしょう。一部にアルバイトが含まれるようになります。一方で、スーパーや飲食店などでは、多くのアルバイトやパートが働いています。もし、それらの会社が求人を出すのであれば、どこで行った方が良いかです。会社などであれば、オフィス街などが良いでしょうし、スーパーなら地元の駅などに置いておく方が良いでしょう。<br/ ><br/ >求人情報を載せているタウンワークでは、どんな企業の特徴があるかです。この雑誌では、求人としては45パーセント近くがアルバイトを占めています。そして30パーセントがパートです。全体の75パーセント近くがアルバイトとパートになります。どうしてもそれらの人を採用したい企業などが多くなります。スーパーであったり、全国にチェーン展開しているファストフード店などが多くなります。運営としては個人経営になりますが、コンビニなども多く見ることができます。読者の対象としては、高校生、大学生、フリーター、専業主婦などがメインになります。その人たちが働きたいと考える会社が多くなります。もちろん正社員が載せられることもありますが、アルバイトなどに比べると数が少なくなります。利用する会社も少なくなりそうです。<br/ ><br/ >スーパーやお店以外で載せられることが多いところとしては、工場があります。それぞれの地域で工場が設置されることがあります。食品工場や繊維の工場、その他軽微な作業の場合はアルバイトでも行うことができます。それらの人を募集するために、工場などを運営している会社が利用することがあります。正社員の募集としてあるのが、タクシーの運転手であったり、生命保険会社の外交員などがあります。前職にとらわれることなく、転職をしたい人が選びやすい職種になっています。都市部で発行される場合には、オフィス関係の仕事も多く掲載されます。最近多くなっているのは、医療関係の求人をするところでしょう。医療事務を行う人や、看護師や薬剤師、介護関係の資格を取得している人を採用する会社も多く情報を掲載しています。

▲ ページトップへ